深視力測定


大型自動車免許や第2種免許など一部の資格試験には通常の視力測定の他に深視力が必要となります。
深視力とは簡単に言えば『距離感・立体感』です。
試験方法としては『三棹(さんかん)試験』と言われ、3本の棒が横に並んでいて真ん中の棒だけが前後に動きます。
3本が横並びにそろったと思った時にボタンを押し誤差を測定します。
これは3回行われ、平均誤差が2cm以内で合格となります。
深視力測定風景
っとまぁ、試験自体は単純なのですが、
お客様の中には「これ更新のたびに苦手なんだよね」とおっしゃる方や、新規に試験を受けに行ったが通らなかった方など時々ご相談をお受けします。

最低限、両眼視力0.8片眼視力各0.5が必要なのですが(大型自動車や第2種の場合)、仮に視力が1.5あったとしても通らない場合もあります。
1~4に関しては練習やメガネ・コンタクトレンズによって合格しやすくできます。
5に関しても視線のズレを補正することで合格に近づけられる場合があります。
6に関しては合格が難しい場合もあります。
距離を感じる能力は幼い頃に形成されるものです。
その期間に両眼視出来なかった場合、距離を感じる能力が低下してしまうのです。

『自動車学校は無事卒業したが、実際試験に行ったら合格できなかった…』
このようなことを避けるために自動車学校入校前に視力測定・深視力測定をオススメします。

高い授業料払って合格できないんじゃ悲しいですからね。


天竜堂では深視力測定ができます。
お問い合わせ先は天竜堂各店

浜北本店
磐田店
高林店
浜松市浜北区小松684-2
磐田市鳥之瀬150
浜松市中区高林5-9-19
℡053-587-2020
℡0538-35-4435
℡053-471-2020
△ ページのトップへ